SMBCモビットに限らず、貸金業者からキャッシングの利用をする場合に関係してくるのが「総量規制」という法律です。総量規制とは、その名の通り「総量」を「規制」する法律のことで

 

ここでいう「総量」とは「お金を借りることができる金額」の「総量」という意味です。


つまり、トータルでいくらまでお金を借りることができるのか、ということを定めた法律が総量規制なのですが、

 

この法律では年収の3分の1を超えて消費者に貸してはいけないと規定されています。


債務者を年収の1/3までの借入額にしたいのですが、貸金業者にその義務を貸す事で債務者の借入額を制限しているのです。

なお、この総量規制には対象外となるケースもあり、たとえば住宅ローンなどのように不動産の取得に必要な融資の場合や、自動車ローンなどの利用であれば総量規制の対象から除外され、年収の3分の1を超えてお金を借りることができます。

 

そしてこの法律の一番の抜け穴となる「銀行からお金を借りる」場合は総量規制の対象外となる訳です。


総量規制は貸金業法の中に規定されていますので、貸金業法で規制される貸金業者(消費者金融・信販会社・クレジットカード会社など)しか適用されません。銀行は銀行法で規制されていますので、対象外となるわけです。

ではSMBCモビットの場合はどうかというと、消費者金融なので総量規制の対象となりますので、SMBCモビットからお金を借りる場合には自身の年収の3分の1を超えて融資を受けることはできません。

 

これが総量規制施行当時から、消費者金融の足枷となってきました。


もちろん総量規制で規制される借入金額というのはキャッシング業者一社につき、という意味ではなく貸金業者のトータルの借入金額という意味なので、既にSMBCモビット以外で融資を受けている場合には、SMBCモビットで借りることができる金額が必ずしも年収の3分の1までとは限りません。

SMBCモビットの場合は、お金を借りる際の契約ではあくまでも「SMBCモビット」という業者から融資を受ける、という契約となります。総量規制という法律の目的は、「借りすぎ」を規制することにあります。

 

ここで消費者金融が伸び悩んでいる中、勢力を伸ばしてきたのが総量規制対象外の銀行カードローンです。


2017年には貸金業者の貸付残高の倍以上の貸付残高まで勢力を伸ばしました。

そうです。完全に銀行カードローンの市場になっており、消費者金融は不遇の時代だったのです。しかし、2017年社会問題となった自己破産者の増加が、この銀行カードローンの勢いを完全に止めました。

 

金融庁は自己破産者の増加は銀行カードローンの責任と断定。そして数々の規制が銀行カードローンを襲いました。


おまとめローンや専業主婦への貸付の自粛、審査基準の引き上げ、とどめは即日融資の廃止です。

 

こうして総量規制後に勢いを失ったSMBCモビットをはじめとする消費者金融が、銀行カードローンが魅力を失ったことによって、今再び注目を集めているのです。