SMBCモビットでは安定収入があれば、誰でも申し込むことができるという手軽さがひとつの特徴となっています。当然ながら自営業の人であってもSMBCモビットを利用してお金を借りることができますが、自営業って与信が高いのか?

 

社長さんだから与信は高くて、審査に通りやすいんじゃないの?


とこういうイメージを持つ方が大半ですが、実はあんまり審査に通りやすいとはいえないんですね。業績好調な企業の社長ならいざ知らず、中小企業の社長や個人事業主などは、事業が傾くと即自分の収入につながります。

ましてや会社で事業資金の借入な度しているときは、大抵は代表取締役である社長が保証人になっているので、返済不可能になった場合は社長の個人資産まで失うことになります。

それに引き換えサラリーマンは、収入こそそこそこかもしれませんが、勤務先の会社が倒産してもその会社の負債を背負う事はありません。

 

収入が安定しており、まさにSMBCモビットを含むカードローンの審査が求めるものが、返済し続けることが可能な収入の安定なのです。


ですので、一般的に自営業者は事業ローンや自営業者専用ローンに申込んだ方が、審査に通りやすいというかそれを踏まえた上で審査してくれるので、そちらに申込むに越したことはありません。大手カードローンならプロミス・アコムアイフルが自営業者専用ローンを持っています。

SMBCモビットにはそもそもローンのバリエーションはありませんが、一応自営業者の申し込みも可能なので、その場合の手続きについて確認しておきましょう。

 

まず、SMBCモビットを自営業の人が利用する場合、SMBCモビットの最大の特徴である「WEB完結」で申し込むことはできません。


そこでSMBCモビットへの申し込みとしてはホームページからの「カード申し込み」またはSMBCモビットのローン申込機からの申し込みとなりますが、いずれの場合も審査に必要な書類や審査基準に変わりはありません。

自営業の人がSMBCモビットを利用してお金を借りる場合、「営業状況確認書類」というオリジナルのフォーマットによる資料の提出が必要となります。この書類はSMBCモビットのホームページからもダウンロードが可能ですので、SMBCモビットに申し込む前にダウンロードをして記入をしておきましょう。

自営業の人がSMBCモビットを利用するためには、この書類に加えて収入証明が必要となります。通常のサラリーマン等と異なり自営業の人の場合は給与明細などをもらっていないと思いますので、たとえば前年度の確定申告書類などを提出する場合がほとんどです。

SMBCモビットが自営業の審査で重視するポイントとしては、ひとつは営業状況です。たとえば営業成績が悪化しているとか、ほとんど収入がないといった状況になっていないか、こうした点について確認が行われます。

どうしても自営業の場合、業績が不安定であるという特性がありますのでSMBCモビットの審査においてもそういった点について確認が行われるといえるでしょう。SMBCモビットに限らず、消費者金融を自営業の人が利用する場合にはハードルは決して低いとはいえません。

返済能力を測るうえで営業成績を判断することが難しいのが自営業という職種ではありますが、逆にいえばこうした点について問題なしと判断されれば融資を受けられる可能性は十分あります。提出する書類が用意できれば、後は通常のサラリーマンと同じく審査が行われ、審査に通過すればカードが発行されます。