キャッシングを利用する際に発生する利息は日割りで計算されています。この日割り計算では借入を行った日は含まず、その翌日を1日目として返済を行う日を含めてその期間に対して利息が発生します。

 

SMBCモビットの利息は借入の翌日から計算されるけど借入を行った日から計算する融資もあるのかなぁ・・・


これを初日不参入の原則といい、初日を含めない利息計算をする片端方式という利息の計算方法を金融機関では採用しています。借入と同時に無利息期間がある場合でも、借入を行った翌日からその期間が適用されます。これに対して

 

借入を行った日も返済を行う日も計算に含むのが両端方式です。


利息の起算日による具体例

具体的な例では、1月5日借入を行い、1月10日に返済を行ったとします。この場合、片端方式では1月5日の分の利息は発生しないので、6日から10日の5日分の利息になりますが、両端方式では5日も含めて5日から10日の6日分の利息が発生します。

 

片端方式のほうが1日得するってことだね・・・


キャッシングの利息の計算は前者の片端方式で行うように商法にて定められています。尚、個人間の貸借の場合はその契約内容にもより、この限りではありません。キャッシングの日割り計算は、

 

借入金額×年利÷365×借入日数


という計算式で計算されます。年利18%で10万円を借りた場合の1日分の金利は

 

100,000×0.18÷365×1


となり、小数点以下は切り捨て、もしくは四捨五入の場合は49円という利息になります。次の返済日で完済となる場合、その日を待たずに前倒しで返済を行うと、余計な利息を支払う必要がなくなります。

繰上げ返済によるメリット

例えば今日が20日で次の返済日が27日の場合、20日のうちに完済すると、21日から27日の7日分の利息を支払わずに済みます。まだ何回か返済日を残している場合に前倒しで完済を行うと、更に支払う金利を抑えることが可能です。

 

繰上げ返済してできるだけ支払う利息を減らすぞぉ・・・


具体的な金額は残りの支払回数や借入残高によりますが、返済計画より間違いなく支払う利息を安くできます。また通常の返済日の場合も、その前に支払うことで少しでも早く元金を減らせるので、その後に元金に対して掛かる利息を僅かでも安くすることができます。