SMBCモビット在籍確認

MENU

SMBCモビットでは在籍確認は必須です!

SMBCモビットでは避けられない在籍確認を避ける方法

SMBCモビットもそうですが、無担保のローンでは給与のみが返済の糧となりますのでちゃんと給料が支払われているかどうかの在籍確認が必須となっています。しかし、

 

 

でも会社に電話掛けられるとこまるんだけどなぁ・・・


と言う方も意外に多いのも事実なのです。あなたもそうではないですか?でも大丈夫です。

プロミスなら在籍確認の電話を別の手段で済ませる相談ができる!

プロミスなら

 

 

  • ネット申込み後に電話して在籍確認の電話を別の手段で済ませる相談ができる
  • 審査後の申込みないよう確認尾電話の際に在籍確認の電話を別の手段で済ませる相談ができる

のです。本来給料が現在も支払われているのか電話して在籍の確認をするのが目的ですから、それに近い形で在籍を証明できる別の方法を案内してくれるのがプロミスなのです。

 

相談後にオペレーターが別の手段を案内してくれますので、在籍確認の電話を回避することも可能です。

在籍確認の電話を掛けて欲しくない方はプロミス
プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

正社員であればSMBCモビットもWEB完結で電話連絡なしにできる

SMBCモビットにはWEB完結という申し込みから融資までWEB上のみで完結するサービスがあります。WEB上のみで完結するので郵送物なし・電話連絡なしで申込めて、誰にも知られる事なく申し込みが完結します。ただし、

 

 

WEB完結は健康保険証の提出が必要な事から正社員じゃないと申込めません


なので正社員の方ならSMBCモビットでもWEB完結で、電話連絡なしで申込む事が可能です。

SMBCモビットのWEB完結で電話連絡なしで申込む
SMBCモビット

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

SMBCモビットは在籍確認は避けられないの?

SMBCモビットでは必ず在籍確認の電話がある

SMBCモビットでは在籍確認を必ずする消費者金融業者として有名です。まずこの情報は正確かなものであり、SMBCモビットでも在籍確認は行っています。

 

 

WEB完結なら電話連絡なしで審査を完了できます。


これは、SMBCモビットの「WEB完結」という申し込み方法で融資を申し込んだ場合の話であり、この方法であれば電話連絡なしで融資を受けるための手続きを進めることができます。

WEB完結でも電話連絡があるときもある

ただし、これはあくまでも「SMBCモビットで取り扱っている申し込み方法のひとつ」であり、SMBCモビットの一般申込では電話連絡がないということは必ずしもイコールではありません。このあたりの認識を間違えていると、

 

 

電話連絡がないと思って申し込んだら実は必要だった


という結果になってしまうこともあります。ちなみに、WEB完結を申し込んだ場合であってもSMBCモビットが必要と判断した場合には在籍確認の電話をすることがあるようです。

書類での様々な確認ができない場合に電話がある

これについては、SMBCモビットの公式webサイトで公開されているもので、具体的にどんな場合に電話連絡をするのかといった情報は紹介されていません。が、通常ならば必要のない電話連絡を敢えてするということなので、おそらく

 

 

提出された情報に信憑性が欠ける場合である


と思われます。もっとも、SMBCモビットでお金を借りるためには審査において「信用される」という状況であることが重要となりますので、提出した資料に信憑性が乏しい段階で、かなり審査では不利な状態にあると考えて良いでしょう。

 

そうなると、電話連絡が行われる状況というのはSMBCモビットの審査において極めて限定的な状況であると考えることもできます。ですが、アコムの在籍確認においては限定的ではありません。

 

いずれにしても、在籍確認の電話連絡がないからといって決して油断をしてはいけない、ということがSMBCモビットに申し込む場合の鉄則といえます。

SMBCモビットのオンライン申込ならローン申込機にて最短即日カード発行ができます!

SMBCモビットは、インターネットの普及した現代ならではの新しい消費者金融サービスです。そんなSMBCモビットの特徴のひとつといえるのが「WEB完結」です。

 

これは、キャッシングの申し込みから契約まですべてインターネット上で行うことができるというもので、契約手続きまでの間は基本的に

電話や郵送などによるやり取りは一切なく
審査結果が出るまでの待ち時間も少ない

というメリットがあります。融資を受けた借り入れ金は

申し込み時に指定した銀行口座に入金される

という仕組みですので、申し込んだら後は振り込まれるのを待つだけというスムーズな手続きがSMBCモビットの人気を支えています。

 

さて、SMBCモビットから融資を受けるための方法としてはこの「WEB完結」の他に

契約機を利用する

というものもあります。消費者金融の契約機といえば、たとえばアコムの「むじんくん」などのように、キャッシングの利用申し込みからカード発行、借り入れ金の受け取りまでが行える「自動契約機」をイメージされる人も多いかもしれませんが、SMBCモビットの契約機はあくまでもキャッシングの申し込みとカードの発行に特化しており、その間の審査については契約機では行いません

 

そのため、SMBCモビットの契約機を利用して融資を受けるための流れとしては、まず

インターネット上からSMBCモビットに融資の申し込み

をして、必要書類などもすべてインターネットを介してSMBCモビットに提出し、その後審査が通過すればSMBCモビットの契約機からカードを発行し受け取るというものが最もスムーズなものといえます。

 

SMBCモビットの特徴といえば、そのスピーディーな審査にありますので、もし早い時間帯で申し込みと必要書類の提出が完了していれば、即日振込が可能平日14:50までに振込申込完了)です。これはもちろん審査に通って契約完了しておかなければなりません。

 

この一連の流れはバンクイックの即日振込よりスピーディーだと言えます。

 

審査に通って契約完了していれば、即日振込に間に合わなくても契約機で即日カード発行することにより即日融資が可能です。(審査結果による)

 

ただし、SMBCモビットの契約機は他の消費者金融と異なりそれ単体で建物になっているわけではなく、主に銀行の中に併設されている場合がほとんどです。

 

スムーズに契約をするためにも、あらかじめどこにSMBCモビットの契約機が設置されているかを確認しておくと良いでしょう。

SMBCモビットのWEB完結についての詳細

消費者金融のSMBCモビットは、店舗や自社ATMをもたないインターネットに特化した業者です。店舗を持たない分、テレビCMなどの広告活動は活発に行っています。SMBCモビットの特徴は、テレビCMでも宣伝されているWEB完結という申込方法です。

 

その名の通りに、WEBで申し込みから契約まで完結させることができます。このWEB完結で申し込むには利用条件があります。まず、

 

 

三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に普通口座を持っていること


また、

 

 

社会保険証か組合保険証を持っていること


これらの条件を満たす場合に申込むことができます。社会保険証を持っていなければならないということは、正社員でなくてはならないということですので、

 

 

正社員以外はWEB完結で申し込むことができません。


通常のSMBCモビットの申込み条件は、満20歳以上69歳以下の方で安定した収入のある方となっていますが、WEB完結を申し込むためには、プラスアルファでこの2つの条件が必要となります。申し込みは、SMBCモビットのホームページ上から申込むか、WEB完結では契約する際には通常の申込みよりも多くの書類が必要となります。

 

 

必要なのは、本人確認書類に加えて、源泉徴収票、直近2か月分の給与明細書、税額通知書、所得証明書、確定申告書のいずれか一つの写しの提出、および、前述の社会保険証か組合保険証、加えて、直近1か月分の給与明細書の写しの提出はが必要となります。


これにより、WEB完結の特徴である、来店不要、電話連絡無し、電話でのやり取り無し、郵送物なしというサービスを実現させています。敷居の高い申込方法であるのですが、申込み条件を満たす人にとっては人気のサービスとなっています。

 

まず、WEB完結のメリットとしては、来店する必要が無いこと。カードを急いで取得したい場合には、ローン申込機に出向いて取得することもできますが、急ぎでない場合には郵送で送ってもらうことも可能です。

 

また、すべてWEB上で完結できますので郵送物が送られることがありません。さらに、面倒な電話でのやり取りもありませんし、電話連絡もありません。逆に、WEB完結のデメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。

 

まず、言うまでもなく、申込み条件が厳しいという点です。同時に、必要書類が多いことで、通常なら本人確認書類のみで利用できるところを収入証明書や直近の給与明細書などが必要となります。

 

また、WEBでの申し込みとなりますのでカードをすぐに取得することができません。即日融資には対応可能ですが、振込キャッシングを利用することになり、当日中に振り込んでもらうためには平日14時50分までに振込キャッシングを依頼する必要があります。

SMBCモビットの審査は土日であっても受け付けてもらえますか?

SMBCモビットの審査は、基本的にインターネット経由で行われます。

 

申し込み方法についてはインターネット以外にも銀行などに設置されている契約申込機を使うことで可能ですが、他の消費者金融業者のように自動契約機を用意しているわけではありませんので、SMBCモビットが審査をしている間はその場にいる必要はありません。

 

SMBCモビットの審査は、他のアコムやプロミスといった消費者金融業者と同様のスピーディーなものとなっています。

 

もちろん申し込んだその日のうちに融資を受けることも可能です。しかしここで注意したいのが土日や祝日の在籍確認についてです。

 

過去にSMBCモビットを利用したことがあるという人であれば、審査結果の受け取りは土日であっても可能ですが、初めてSMBCモビットを利用してお金を借りる人の場合は、土日に審査を申し込んだ場合の結果は在籍確認ができない限り月曜日以降になります。

 

そのため、土日に突然お金が必要になったとしても、SMBCモビットの場合はすぐに対応できない可能性があります。

 

そのような場合には、SMBCモビット以外の業者を選択することになりますが、他の業者の中ではやはりプロミスがおすすめです。

 

プロミスもSMBCモビットと同様に即日融資が可能ですが、自動契約機を利用すれば土日や祝日であってもお金を借りることが可能です。

 

もちろんプロミスを初めて利用するという人であっても必要な書類を揃えておく等、申し込み内容に不備がなければ審査結果が月曜以降などということもありません。

 

もっとも、そのこととプロミスなら必ずお金を借りることができるということとはまた別の話なので、融資を受けられるかどうかは審査結果にもよります。

 

それでも、土日でも対応可能であるというのは急にまとまったお金が必要な人にとっては非常にありがたい話といえます。

 

急な出費というのはいつどんな場面で必要になるかわからないものであり、そんな場面であっても対応できる可能性のあるプロミスが各方面から高い人気を集めているのも頷ける話です。

SMBCモビットの『WEB完結』ならネットのみでログイン可能!

SMBCモビットではネットの申込のみで契約が完結できる(審査結果による)WEB完結が人気になっています。

 

年3.0%〜18.0%という金利もカードローン低金利水準ですし、借入限度額1〜800万円というのも高額水準なのも人気の秘密の一つです。

 

便利なカードローンですが、申込・審査の際には会社に在籍の確認電話があると気が引ける、困るという方にはもってこいのサービスなのでぜひ利用してみて欲しいですね。

 

他にも在籍確認の電話を書類の提出により代替できるカードローンがあります。

 

それは私がメイン使っているプロミスです。事務ワークの私は在籍確認の電話で狭い事務所内で受けなければならないことからちょっとそれを避けることができないかオペレーターに相談してみたところ、別の方法にて代替できるとのことでしたので、別の方法で審査を完了することができました。(※電話で相談すれば案内してくれます。)

 

ちなみにSMBCモビットのWEB完結でも書類を用意する必要があります。

 

これもオペレーターに確認したのですが、SMBCモビットの場合は現在勤めている会社のものであると確認できる直近の給与明細や健康保険証、社員証などから複数の提出が必要になります。

 

どちらも便利なカードローンですが、プロミスのほうが金利が低く(特に希望しない限り最初の借入枠は50万円以下です。その場合の金利は最高金利適用になります。プロミス年17.8%、SMBCモビット年18.0%)、初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)があるので初めてカードローンを作る場合はプロミスを申込んでおいた方がいいと思います。

 

カードローン名 金利 借入限度額 特徴
プロミス 年4.5%〜17.8% 1〜500万円 初回30日無利息サービス
アコム 年3.0%〜18.0% 最高300万円 アコムマスターカード
SMBCモビット 年3.0%〜18.0% 最高800万円 WEB完結

SMBCモビットにログインすると「Myモビ」の利用ができるようになります

SMBCモビットの在籍確認を経て無事審査・と契約が完了すると、会員専用サービス「Myモビ」の利用ができるようになります。Myモビへのログインは、SMBCモビットカードに記載されたカード番号はもちろん、会員登録の際に発行されるユーザーIDで行うことができます。

 

SMBCモビットの社名には「モバイル」という意味も含まれており、Myモビはこうした通信端末を利用したサービスを体現したものであると考えることができるのですが、ログインすることで様々なMyモビのサービスを利用することが可能となります。

 

まず振込キャッシング

これはSMBCモビットの真骨頂ともいえるサービスで、平日9時〜14時50分までに手続きが完了すれば最短3分で指定口座に直接借入金が振り込まれます(審査結果による)。

 

SMBCモビットは他の消費者金融と異なりキャッシングの利用は基本的にこのMyモビを通して行うことになります。

 

かつてキャッシングといえば、店舗に併設されたATMを使って借り入れや返済を行い、利用残高についてはATMの利用後に出てくる明細書を確認するというのが常でしたが、SMBCモビットではこうした操作はすべてネット上のMyモビで行うことができます。

 

もちろん利用状況についてもMyモビにログインして確認することができます。自分がどれだけ利用しているのか、あとどれぐらい利用できるのか、トータルの取引残高はどれぐらいかという点についてもMyモビで閲覧できるうえ、Myモビはスマートフォンからもログインできますので、外出中であっても調べることが可能です。

 

Myモビでの操作は、借入金の振込指定や残高照会だけではありません。

 

 

  • 住所や電話番号
  • ログイン用ID
  • パスワード

といった登録内容の変更はもちろん、返済シミュレーションを行うこともできます。

 

さらに、提携ATMの設置場所を確認することも可能ですので、付近にあるATMを調べたい場合などに便利です。なお、登録情報の変更やATMの設置場所確認などのように、パソコンでなければ利用できないサービスもありますので、あらかじめ確認しておきましょう。またSMBCモビットの解約してしまうと会員専用サービス「Myモビ」の利用もできなくなるので注意してください。もちろん残債がある場合は解約もできません。

 

申込時にオンライン上で全て完結するWEB完結は人気ですが、SMBCモビット・アコムの在籍確認が必須になっています。プロミスなら別の手段で確認してもらう相談が出来ますよ^^

SMBCモビットのカードローンの審査はWEBのみで完結可能なのです!

SMBCモビットのカードローンは、誰でも手軽に利用できるということから多くの利用者が存在しますが収入なしではカードローン発行できません。

 

カードローンを利用するためには利用申込をする必要があり、SMBCモビットではインターネットを通しての申込と、全国に設置された無人機での申込の2種類が用意されています。

 

最近ではインターネットの普及率も高いので、多くの人がインターネットを使ってカードローンを申し込んでいる傾向にあるようです。

 

ただし、いずれの方法を使って申し込んだ場合でも審査の方法や内容に変化はなく、ネットを使ってカードローンを申し込んだ方が有利であるということはありません。

 

審査に通過しカードローンを利用できる状態になった場合の、借り入れたお金を受け取る方法も2種類用意されています。

 

ひとつは振込キャッシングと呼ばれるもので、利用者の指定した銀行口座にカードローンで借り入れたお金をSMBCモビットに振り込んでもらうというものです。

 

振込キャッシングはパソコンや電話、スマートフォンなどから手続きをすることで利用可能で、最短で申込から3分程度で指定口座に振込が行われます。

 

少しでも早くお金を受け取りたい場合などは、こうした振込キャッシングがおすすめですが、ネットや電話などでSMBCモビットに連絡する必要があります。

 

もうひとつの利用方法といえるのが、銀行やコンビニなどに設置されたATMを使って直接現金を受け取るという方法です。

 

SMBCモビットから借り入れたお金は提携銀行である三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行のATMから引き出すことができる他、ローソンやファミリーマートといったコンビニ内に設置されているATMでも利用することができます。

 

これらのATMは、借入金の受取だけでなく返済にも利用することができますので、最寄りのATMを確認しておきましょう。

 

なお、これらのATMの利用については取引金額に応じて手数料が発生します。また、営業時間についても店舗ごとに異なりますし、店舗が営業していてもSMBCモビットの在籍確認をした時に勤務先がエう行してなければ審査完了は持ち越しになりますのでこちらも併せて確認しておくと良いでしょう。